世界を明るくするために

オーラ

すべきこととは

ライトワーカーとは、世界を明るくするという使命を帯びている人のことです。世界の人を救うために産まれてきており、人々にスピリチュアルな世界を伝えることを目的としています。ライトワーカーは精神的な世界との結びつきが強いため、物質的な世界にとらわれていると虚しさや孤独感を感じることがよくあります。非常に繊細で優しい性格をしているため、他人の不幸に共感する力が強いです。他人の気持ちをくみすぎてしまうため、集団での仕事や生活には向いておらず、一人でいることを好みます。慈愛の心が強く、人間だけでなく動物や植物に対しても優しさを見せます。また動物から好かれることも多いです。このような特徴を持つライトワーカーは、人を癒す仕事、動物や植物に関わる仕事、個人で働く仕事などについていることが多いです。自らがライトワーカーであると気づく前から自分自身の気持ちにそって選択をしていった結果このような選択になるということが多いのです。金銭などの物質的な価値よりも、人を助けたり、世界の役に立ったりといった精神的な価値に満足を得るようにできているためです。自らがライトワーカーであると気づいたら、人を癒したり、導いたり、動植物を助けたりする仕事につくと自分自身の満足度も高まり、同時に世界の役に立つこともできます。ライトワーカーとして生きるには、まずは自覚することが大事です。そして自分自身がやりたいことを追求することで、世界の役にたつことができます。