色は1人1色じゃない

手

色で性格が分かる

オーラは人から出ている気の事で、色は1人1色ではありません。何色か出ていて、あなたは何色のオーラと決めるのは1番強い色を指します。また、オーラの色はその時の心身の状態でも変わります。例えば、両想いの時は自信が出てるので強い色となり、出ているオーラが赤だとしても失恋したら自信がなくなり、オーラの色が変わって薄い色になったなども考えられます。仕事には厳しいけど家族思いの人など、1人の人間には様々な面があるので、オーラは1色とは限らないのです。オーラは赤や青などの基本的な色が8色あると言われています。赤は情熱的で行動力がある、青は冷静、黄色は好奇心旺盛、白は天才肌などです。それぞれの色が持つイメージとオーラの色の意味は似ているため、オーラの色の意味を詳しく知らなくても、あなたはこの色と言われたらだいたいどんな意味かは予想が付きます。そして、オーラは相性が良い色があります。青は紺色と相性が良く、黄色はオレンジ色と相性が良いなど色味が近い色と相性が良いです。また、赤と青などの反対色の相性は、ない物を補いやすいとされています。つまり、友達は同系色のカラー、恋人は反対色で探すと良いとも言えます。オーラだけで相性や自分の性格を決めるのは危険です。しかし、自分が今どんな色で、どんな状態なのか。以前と比べて色に変化があるか。自分に足りない物は何かなど、自分の心身の健康を計るバロメーターにオーラの色を利用してみたらもっと自分の事が分かりますよね。